本学が推進する流域環境科学分野において、社会の要請に応える実践的な高度専門職業人を育成するとともに、それを実現する融合的な学術領域を先進的に創生するために実施するプログラムです。

洪水や渇水の可能性、水資源の保全と最適配分、汚染の発生源と発生機構の解明、地域に適した飲料水や排水の浄化技術の開発、健康や社会経済的影響の評価など、数多くの水・環境問題に立ち向かうために、国や地域の多様性を理解したうえで、地域固有の問題を抽出し、その解決を社会に実装できる能力を育成します。

この特別教育プログラムは、工学と生命環境学の横断と両分野からの入進学を意識した、充実した教育内容になっています。

また、修士課程と博士課程の連結や国際性の強化を視野に入れているため、科目構成、修士博士同時開講、英語対応などの教育方法にも特徴があります。

指導教員

指導教員 主な研究題目 主な授業科目
教授 風間ふたば 陸水水質管理工学と低炭素型水処理方法の開発 陸水水質評価特論
教授 西田継 流域の物質循環と健康評価 国際環境技術特論
教授 石平博 水文モデルの開発、衛星・地理情報を用いた水文・水資源解析 水文水資源学特論
教授 原本英司 水環境中における健康関連微生物の動態解析 流域医工学特論
教授 遠山忠 環境負荷の低減、廃水・廃棄物からの資源・エネルギー回収 環境浄化技術特論
准教授 相馬一義 人間活動を考慮した気象・水循環モデル開発と水災害予測への活用 水文水資源学特論
准教授 馬籠純 水文・水資源モデリングおよび衛星・地理情報による環境評価 リモートセンシングと地理情報特論
助教 中村高志 水・汚染物質の起源推定と動態解析 環境データ分析

令和3年度 山梨大学大学院医工農学総合教育部
流域環境科学特別教育プログラム 募集概要

水文学、水質学、微生物学、環境工学、公衆衛生学などの基礎を習得し、洪水や渇水の可能性、水質源の保全と最適配分、汚染の発生源と発生機構の解明、地域に適した飲料水や排水の浄化技術の開発、健康や社会経済的影響の評価など、世界各地で起こっている多様な水・環境問題の解決に取り組む意欲のある人を求めます。
(本プログラムの博士課程と連携しています。)

募集人員
流域環境科学特別教育プログラム : 10人
選抜方法
入学者の選抜にあたっては、口述試験(口頭発表時間10分、試問時間10分)及び、出願書類の審査結果を総合して判定し、合格者を決定します。

詳細につきましては、以下の山梨大学ホームページの入試情報をご覧ください。

募集要項・選抜方法 | 山梨大学