プログラムの目的

人間の身体協応・集団協応ならびに人間機械調和系の協応動作制御に広く関連する分野横断的な知識と視野を育む。この教育実践により、ヒトの協調機能を育成する教育力または次世代科学技術の創出・発展に貢献する実践力と発想力を備え、国際的に活躍できる創造性豊かな若手人材を育成する。

特徴・独自性

複数分野の教員が持つ研究技術・専門知識・実践的知見の共有
ヒト群と機械群との通領域的仕組みを文・理・医科学へと幅広く発信
国内外の連携体制に基づくディスカッション・実験・発表への参加

教育内容

プログラム独自の教育形態
プログラムの目標を各研究室で継続的に確認・議論する
各専門分野の関連融合研究への位置づけと貢献の形を発想させる
教員学生による共同ゼミを設け、相互に関連研究を紹介
周辺・関連知識の系統的、効果的に提供(電子情報交換)
計画的な実験・測定への参加(共同実験)
課題発見力、発想力の養成
先行プログラムの教育形態事例の効果的導入・応用/活用
海外での学会発表・論文公表(共同の成果発表)
論文作成技術とコミュニケーション力の養成
各構成領域における先駆的研究者の講演(第一線研究者講演)
意欲と積極性の涵養

プログラム対象者

本学大学院に所属する学生

プログラム参加教員

学域名 教員 備考
教育学域・人間科学系 木島章文 教授 プログラム責任者
生命環境学域・環境科学系 島弘幸 教授 プログラム副責任者
教育学域・人間科学系 安藤大輔 准教授
医学域・臨床医学系 加賀佳美 講師
工学域・機械工学系 藤森篤 教授
工学域・電気電子情報工学系 郷健太郎 教授
工学域・電気電子情報工学系 小谷信司 教授

令和3年度 山梨大学大学院医工農学総合教育部
協応行動科学 特別教育プログラム 学生募集要項

募集人員
10
対象者
本学 大学院に所属する学生
応募書類締切
令和3年5月31日(月) 15:00(厳守)
提出・問合せ先
(甲府キャンパス)
〒400-8510 山梨県甲府市武田4丁目4-37
山梨大学教育学域支援課教務グループ(大学院担当)
電話: 055-220-8732(直通)

(医学部キャンパス)
〒409-3898 中央市下河東1110
山梨大学医学域学務課教務グループ(大学院担当)
電話: 055-273-9627(直通)
応募書類
令和3年度協応行動科学 特別教育プログラム 学生募集要項
※添付の別紙様式1に必要事項を記入してください。
選抜方法
応募者が募集人員を超えた場合、同プログラム委員会において、書面審査により選抜します。選抜の結果は、決定次第通知します。
履修方法
参加者決定後、履修に必要な書類等を所属講座(研究室)宛てに送付します。